自然がわかる物理学  −科学と人間の未来を拓く−

編者 大林康二・天野卓治
体裁 A5判・232ページ
本体 2,200円

 特色

自然科学系学部の学生が,専門課程で必要とする物理学の基礎を面白く理解し,積極的な学習意欲を持って学べるように配慮して執筆した基礎教育課程のテキスト。また,空白を埋めるなどの演習問題も数多く掲載し,確実に理解を深められるように配慮した。

 目次
第1章 現代社会と科学と物理学
第2章 力学
第3章 流体
第4章 波動
第5章 熱学
第6章 電磁気学
第7章 原子


 アインシュタインは朝飯前  −タイムトラベル夢飛行−
著者 リチャード・ウォルフソン
訳者 柴田晋平・滝沢元和・坂井伸之
体裁 A5判・280ページ
本体 2,200円
 特色

科学を勉強したことのない人々でも,アインシュタインの相対性理論の真髄があっという間に理解できてしまう一冊。タイムトラベルやブラックホールなどについても,中学・高校生でもわかるように日常生活の言葉でやさしく解説されている。

 目次
第1章 自ら自己を創り出す宇宙,そしてもっとわけのわからない考え
第2章 テニス,お茶,そしてタイムトラベル
第3章 動いている天と地球
第4章 光あれ
第5章 エーテルの夢
第6章 物理学の危機
第7章 アインシュタインによる救助
第8章 時間の伸び
第9章 星間旅行と縮む空間
第10章 同時刻? など


 超高層大気物理学
著者 アスゲイル・ブレッケ
訳者 奥澤隆志・田口 聡
体裁 B5判・464ページ
本体 9,400円
 特色

太陽風から地球の磁場・電離圏,オーロラに至るまで懇切に解説した定評ある超高層大気物理学の専門書。

 目次
1.放射源としての太陽
2.太陽風と惑星間磁場
3.地球の大気
4.地球磁場
5.電離圏
6.中性大気の力学
7.電離圏の電流
8.磁気圏
9.オーロラ
記号表,索引

 


 物理学の自然像
著者 山本和久(東京薬科大学講師)
体裁 A5判・240ページ
本体 3,200円
 特色

現代物理学の抱く様々な問題を認識するために物理学の過去(古典物理学)と著名な物理学者たちの世界観を興味深く解説した。

 目次
第1章 古典力学の誕生
第2章 力学
第3章 温度と熱
第4章 熱力学
第5章 電磁気学の歴史
第6章 電磁気学
第7章 現代物理学への道
補 章 核の物理学

 


 ライフサイエンスの物理学  第2版
著者 林 昌樹(東京薬科大学教授),勝浦一雄(埼玉 医科大学助教授)
体裁 A5判・230ページ
本体 3,400円
 特色

古典物理学の基礎と,生命科学で必要とされ物質や生命の深い理解に役立つ原子・分子の物理(量子論),素粒子論,放射線物理を平易に解説した。

 目次
第1章 力学
第2章 熱現象の物理学
第3章 電磁気学
第4章 原子・分子の物理(量子論)
第5章 原子核・放射線物理

 


 コンピュータ物理学
著者 W.Kinzel / G.Reents
訳者 林 昌樹(東京薬科大学教授)・勝浦一雄(埼玉医科大学助教授)
原著出版 Springer Verlag社
体裁 A5判・366ページ,上製本
本体 4,800円
 特色

MathematicaとCを用いて計算物理の問題の解き方を詳しく解説した。コンピュータを用いた大学の物理・応用物理分野の教育において,欧米より立ち遅れている我が国のレベルアップを促す好個の参考書です。

 目次
1. Mathematicaの関数
2. 線形方程式
3. 反復(繰り返し,イタレーション)
4. 微分方程式
5. モンテカルロシミュレーション